車下取り 車買取り 査定基準

<当サイトのメニュー>

ディーラー下取りのメリット・デメリット

ディーラー下取りのメリットは?

ディーラー下取りの場合のメリットはなんと言っても手続きなどが楽だということです。

車の購入・売却には様々な手続きが必要になりますが、ディーラー下取りだと新車購入の手続きも現在の車の売却の手続きも同じところで同時に行ってもらうことができます。

今の車を買取専門店に売る場合だと、新車購入の手続きと中古車売却の手続きの2本立てになり、手続きを行う場所も2ヵ所になってしまいます。

ワンストップで同時に手続きを済ませられるというのが下取りの最大のメリットです。

また、新車が来るまでの間、今の車を従来どおり使用できるのもメリットでしょう。

車買取店で売却の場合は代車になってしまうのが普通です。


ディーラー下取りのデメリットは?

ディーラー下取りのデメリットはズバリ「査定額が低い」ということです。

ディーラーの下取り査定額がなぜ低くなるのかは別のページでも触れましたが、ネットで買取事例を調べてもほとんどの場合が買取りの場合より査定額が低くなっています。

しかも車種によっては数十万円も査定額が違う例も少なくありません。

今の車をできるだけ高く売り、それを新車購入資金に充てたいのであれば、下取りは決しておススメの方法とは言えません。

多少損をしても手続きが簡単な方がいいというリッチな方なら別ですが、通常は買取専門店に競争してもらって売却した方がずっとお得になります。

また、下取り額が新車値引きとの兼ね合いで提示されることがあり、本当の査定額がわかりずらくなることもディーラー下取りのデメリットかもしれません。

さらに、人気車種であってもプラス評価にならない、社外品オプションパーツが査定に反映されないなども、買取り査定から見た場合のデメリットになります。


ディーラーの下取り査定額に満足できず一括査定を利用する人が増えていますよ。
   ⇒ 一括査定は無料で利用できる

車の下取りと買取りの違いを徹底して調べてみました メニュー