ディーラーと買取専門店

<当サイトのメニュー>

ディーラー、買取専門店はビジネスのやり方が全く違う

ディーラーは新車の専門店

中古車の処分が下取りしかなかったころはディーラーが中古車市場の主導権を握っていたそうですが、近年では業者オークションの普及もあり中古車の取り扱いがめっきり減少しているといわれます。

ディーラーは確かに今でも中古車の下取りを行い中古車部門を持つところもありますが、本質は新車の専門店です。

新車を売ってナンボの会社なのです。

ですから、元来ディーラーは本業とはいえない中古車の取引の絶対数も少なく、高額買取りも得意ではないと考えるべきです。

取引量が少ないからスケールメリットも小さく、買取専門店のような「薄利多売」が不可能です。

自社の中古車部門での展示販売、同系列の中古車販売店などでの再販コストを確保するために、どうしても下取り査定額は「しぶく」ならざるを得ません。


買取店は中古車の専門店

一方、買取専門店の方は、まさに中古車の専門店です。

専門店ですから中古車の取扱量も多く、大手などはスケールメリットを存分に生かすことができます。

「当社は薄利多売だから高額買取りできます」と宣言している会社もあるほどです。

加えて、ディーラーのように買い取った車の再販にコストを掛けることはしません。

すぐに業者オークションへ出しますので在庫費用がかかりませんし、長期展示による車の価値減少もありません。

業者オークションの普及後買取専門店が急増していますが、まさに業者オークションで大量処分が可能になったからこそ可能になったビジネスモデルが車買取専門店なのです。


※買取専門店なら車検切れで動かせない車でさえ訪問査定を利用して売却できますよ。
   →→→ 車検が切れている車を査定・売却できるのか?


ディーラーは今の業態のままでは買取専門店に勝てない

このように見てくると、ディーラーと買取専門店の本質的な違いはそのビジネスモデルにあることがわかりますね。

今のままでは、ディーラーは構造的な問題でどうしても査定額で買取専門店に太刀打ちできないことになります。

最近は中古車部門に力を入れているディーラーも出てきているようですが、当分は買取専門店にかなわないという状況が続くのではないでしょうか。


※ちょっとお耳を拝借
中古車オークションは中古車の適正価格形成の場になっています。
車買取店もその相場を背景に査定・売却を行います。

車の下取りと買取りの違いを徹底して調べてみました メニュー