車の下取り査定

<当サイトのメニュー>

ディーラーが違っても下取り額はほとんど変わらない

買取専門店での車の売却では複数の業者を競争させるケースが増えていますが、ディーラーの下取りではどういうことになるのでしょうか。

車を買い替える場合はまず希望車種を決めると思います。

欲しい車種を扱っているディーラーへ行って下取りを依頼するのですが、金額に不満であってもその1社だけとのやりとりですから他社の例を持ち出す余地がありません。

まさか、下取り金額が不満だから希望車種を変更するなどという人はいないでしょうから「では同メーカーの別のディーラーに行って見ます」ということになるかもしれません。

そういうことで希望車種を扱う他のディーラーに行って下取り査定をしてもらったとしましょう。

ところが、同一メーカー系列であれば別のディーラーに行っても下取り査定額はほとんど同じになってしまうのです。

これは、同一メーカー系列のディーラーは皆同じ下取り査定基準価格を用いているからです。

下取り査定でディーラーの間に差が出ないようなしくみになっているわけです。

お客さんが元のディーラーに戻れば「言ったとおりだったでしょう」といわれることになるでしょうね。

ここで完全に競争の道が閉ざされてしまいます。


競争を働かせたいなら下取りを止めるしかない

このような状態が嫌であれば、下取りを止めるしかありません。

売却の方は買取専門店で行うことにして、ディーラーとは新車の交渉だけにするということになります。

ネットの口コミなどを見ていると、結構このような経緯で買取専門店で車を売ることになった人が多く、しかも買取専門店の査定額の方が高いことに驚いている人が多いですよ。

よく調べて初めから買取専門店にすればいいのにとも思ったりしますが、まあ、それも一つの勉強になったということなのでしょう。

事故車を査定・売却
事故車や水没車を専門に査定・買取りする専門店があります。
事故で大破したからスクラップとうのはもったいないですよ。


※車の話アラカルト
車をネットオークションで売る時の注意点はもうご存知でしょうね。
できればリスクがあるのでこの方法は避けたいですね。

車の下取りと買取りの違いを徹底して調べてみました メニュー