車査定 ディーラー 買取専門店

<当サイトのメニュー>

ディーラーは店舗で売り買取専門店は業者オークションへ出す

ディーラーが下取りした車を販売する方法と、買取専門店が買取車を売却する方法は全く違い、それが両者の査定額の違いの背景になっています。

ディーラーの下取り車は店頭で展示販売される

例外もあるようですが、ディーラーが下取りした車はディーラーの中古車部門や同系列の中古車販売店で展示販売されます。

下取り車がそのままの状態で販売されるのではなく、必要な整備やクリーニングが行われて展示されることになります。

この展示販売のためにかかるコストは次のようになります。

・地代・・・車を展示するための土地代

・在庫維持費・・・車を仕入れ・管理する費用

・人件費・・・営業、洗車などを行う営業マンの費用

・整備費等・・・整備費、広告費

下取り価格にこれらのコストを上乗せしたのが相場価格になるのですから、下取り額はこれらのコストが大きければ低くならざるを得ません。

簡単に言えば、このような再販売のコストがディーラーの下取り査定額を低くしているということになります。


*再販売コストの高いディーラーでは事故車や水没車などに査定額をつけるわけがありません。
そのような車は専門店に査定してもらうに限ります。


買取専門店は買い取った車を業者オークションに出品

一方、買取専門店は買い取った車を直ちに業者オークションで売りさばきます。

ですから、ディーラーのように展示場も必要ありませんし、長期間の在庫を抱えることもありません。

実際、どこの買取専門店の店舗を見ても中古車販売店のような広い展示場を持つ店はないですよね。

ディーラーが下取り車を再販売するのにかかる上記のコストが買い取り専門店では全く必要がないということになります。

だから買取専門店は下取りよりも高額で車を買取りできるのです。

昔、某新車ディーラーのセールスをしている知人から「中古車相場から30万円ほど差し引いた額を下取り額にしないとペイしない」という話を聞いたことがあります。

一方、ある買取専門店の店長はネットのインタビュー記事で「1台あたりのマージンは8万円くらい」と答えています。

このマージンの差が下取り査定額と買取査定額の差になるのです。


−ここだけのお話−
車の下取りの相場と買取の相場は全く違います。
高く売りたいのなら車買取店で査定をしてもらいましょう。

車の下取りと買取りの違いを徹底して調べてみました メニュー